太極美地国際創作營
コンセプト

  本活動は、「南投県竹山鎮の自然環境資源及び産業の特徴」の発想に基づいて、一連の大型イベントの開催が決まりました。壮大な竹工芸の魅力を表現すると竹山鎮の特徴を掘り起こしていくための一歩として、より多くの人々に優れた竹工芸品の良さを強調したいとこのプロジェクトを企画しました。そこで、竹山鎮の竹工芸品に携わるメインメンバーは「台湾工芸の家」と「国際舞台で活躍している現役竹工芸作家」が参加し、会場では「日」、「月」、「山」、「城」のタイトルを付ける作品四点を展示します。さらに、このプロジェクトのため竹工芸作家らが「プロ向きの竹工芸の指導」、「竹工芸セミナー」と「人との交流密接の竹工芸ワークショップ」、「竹工芸見学交流会」などのプロジェクトを計画しました。そして、一連の宣伝やマーケティング活動による、素晴らしい竹工芸の美しさ、多彩な表現や高度な技を表現し、この「太極美地」と呼ばれるところの魅力を活かしたいと思います。

  今回のテーマが「竹夢山城─太極美地‧遊山賞芸」にします。中国語の「竹夢山城」の「竹」の発音と「築」の同じ発音をするので二重の意味を含めていて、一つは竹工芸産業の夢、もう一つは夢を築くことです。

  「山城」とは、竹山鎮です。「竹夢山城」は「竹工芸産業の将来は竹山山城にある」という意味で、「築夢山城」は「竹山山城で美しい夢を織りましょう」という意味に解釈できます。

  また、「太極美地」と呼ばれる竹山には雄大な自然を堪能できる観光スポットが豊富です。命名することはすでに論述したので、喜んで主催者に従います。なお、今回の活動目的は「遊山賞芸(遊山をしながら芸術を深く味わうこと)」、それは竹工芸品がより多くの人々に愛されたいことです。そこで、海外国内外の優れる工芸作家から受けた支援をまとめ、気軽に鑑賞したり、見学したり、親しく、分かりやすく、対話できる現代竹工芸品を作っていきたいのです。





提醒您活動已經結束,這是庫存頁面 [關閉]